<がん哲学外来ドキュメンタリー映画撮影日誌⑫0909>


8月31日で一応クランクアップ。いよいよ編集スタート。
撮影した映像を見るたびに言葉の力を感じている。
「がんは身から出た錆だよ」ある先生が言った言葉だ。
がんは、体の外からくるウイルスや細菌によるものでなく、自分の細胞から出てくる病。
それだけに厄介だ。自らの細胞を破壊する細胞が生まれるのだから、不思議だ。
生活習慣のすべてが原因だというが、決めてはない。がんの原因がきちんとわかればノーベル賞は間違いないだろう。
ところで、大腸癌を体験した私。どんな錆だったのだろうか?
 
野澤和之

がん哲学外来映画製作委員会2018

【ドキュメンタリー映画概要】 ●劇場公開ドキュメンタリー映画90分前後      ●撮影取材開始2017年10月               ●撮影2018年1月~    ●2018秋完成  ●一般公開2018年11月 製作:がん哲学外来映画製作委員会  監修:樋野興夫  監督:野澤和之

0コメント

  • 1000 / 1000