<がん哲学ドキュメンタリー撮影日誌⑮1201>


昨夜、ついに「がんと生きる 言葉の処方箋」が完成した。
完成とは、録音スタジオにて音楽をいれ、最終整音をしたということ。
音楽はすべて作曲してもらった。出来映え? それは、映画館にて皆様に判断していただきたい。ということで、これから上映に向けて活動を開始する。
全国の映画館、あるいは自主上映していただける方がいれば尚嬉しい。
新聞、雑誌、ネットなどでどんどん発信していく予定。
今、樋野先生の言葉の処方箋を思い出した。
 「目下の急務は忍耐あるのみ」 人生どんな状況でも焦っちゃだめですね。
完成したばかりの映画。でもまだ忍耐が必要です。映画は、公開してはじめて
本当の意味で完成ということですから。
どうぞよろしくお願いします。

野澤和之
 
 
 

がん哲学外来映画製作委員会2018

【ドキュメンタリー映画概要】 ●劇場公開ドキュメンタリー映画90分前後      ●撮影取材開始2017年10月               ●撮影2018年1月~    ●2018秋完成  ●一般公開2018年11月 製作:がん哲学外来映画製作委員会  監修:樋野興夫  監督:野澤和之

0コメント

  • 1000 / 1000