2018年新たなドキュメンタリー映画の始まり

2018年新たなドキュメンタリー映画の始まり 野澤和之 

ようやくがん哲学に関するドキュメンタリー映画製作がスタートする。
樋野興夫先生を始めとした素晴らしい人たちとの出会い。映画を支援してくれる会社や個人の方々。映画製作委員会のメンバーとして力を貸してくれるプロデュサーたち。そして、現場で汗を流すスタッフたち。すべての人々が何故か心優しい。私は、みんなの想いとエネルギーをドキュメンタリー映画として収斂させなければならない。新年早々にプレッシャーの渦! 御神酒酒が妙な味で格別にうまい。どんなに目が回っても徳利は必ず空にするつもりだ。

<がんと生きる言葉の処方箋>
がん哲学外来という言葉は、まだまだ馴染みが薄い。哲学というから固い感じがしてとっつきにくいかもしれない。がん哲学という言葉に惑わされる必要はない。がんでも他の病でも、問題は最期の瞬間までどう生きていくのか?が哲学の最大のテーマなのだ。映画のタイトルは、「がんと生きる言葉の処方箋」と現在の所、考えている。がんや病の時、薬に代わって言葉の処方箋が、私たちを癒してくれる。

<準備万端>
これまでにドキュメンタリー映画を創ってきた。だが、今回の作品はこれまでと随分異なる。なぜならば、身をもって準備を強いられたからだ。
私自身が昨年の暮れがんに罹り手術をしていた。2か月の入院生活となった。
これほど、身体を張って準備するなんて考えもしなかった。
がんが見つかる前から、がん哲学の映像化を進めていた私にとって、がん体験は予想外の重い体験となった。昨年には、多くのがんと生きる人々に出会い、話しをする機会に恵まれた。自分のがん入院体験が映画の糧になっている。

<がんと社会>
今や二人に一人はがんになる時代。治療方法も進歩し、もはや、がんイコール死と考える単純な構図でなくなった。樋野先生が、よく言う。がんとともに天寿を全うする生き方を考えよと。がんでも仕事をする、がんでも100歳まで生きる。
社会全体で問い直さなければならない。

<勇気>
がんでも仕事をするという意味で私も実践できている。この度は、資金集めで
色んな人にお世話になっている。感謝の気持ちしかない。
これからこのサイトで皆様と交流できることを楽しみにしている。交流こそ支援になる。強い気持ちになれる。ありがとうございます。

野澤和之
 

がん哲学外来映画製作委員会2018

【ドキュメンタリー映画概要】 ●劇場公開ドキュメンタリー映画90分前後      ●撮影取材開始2017年10月               ●撮影2018年1月~    ●2018秋完成  ●一般公開2018年11月 製作:がん哲学外来映画製作委員会  監修:樋野興夫  監督:野澤和之

0コメント

  • 1000 / 1000