<がん哲学ドキュメンタリー撮影日誌⑦0411> 


4月の5日から8日まで福井の済生会病院と松本を取材する。
福井取材は昨年の暮れから始めて、5回目になる。桜は、見頃を終えまだ肌寒い。
済生会病院で開催されるメディカルカフェは、いつも明るい。
宗本先生をはじめとしたスタッフのキャラクターが反映している。私は、開いている席について観察するだけの取材。コーヒーではなく日本茶をいただいている。お昼は、いつものように病院のレストラン。メニュ―を見るのだが、結局カツカレーか和風ラーメン。和風ラーメンがまたおいしい。

7日から急遽、松本に行くことに決定。桜が満開になった情報を得たためだ。
福井から2回乗り換えで松本に辿り着く。ここも寒い。しかし、市内の公園では桜まつりで大盛況。私たちは、取材協力者とともに花見を楽しむことにした。
風が冷たくて、ゆっくりと酒を飲みがら桜を堪能する気分にもならず。
途中の弁当屋で、トン汁とかつ丼を購入して、小高い山を歩いて登る。
堂本カメラマンとふたりでぱくついた。大腸がん手術後、初めて食べたトン汁とカツ丼。まだ暖かくてうまい。
これも、樋野先生の言う、想いで作りだね!になるのだろうか。

不思議な気分だった。
 
監督:野澤和之
 
 
 
 
 
 

がん哲学外来映画製作委員会2018

【ドキュメンタリー映画概要】 ●劇場公開ドキュメンタリー映画90分前後      ●撮影取材開始2017年10月               ●撮影2018年1月~    ●2018秋完成  ●一般公開2018年11月 製作:がん哲学外来映画製作委員会  監修:樋野興夫  監督:野澤和之

0コメント

  • 1000 / 1000