<がん哲学ドキュメンタリー撮影日誌⑨0725>  

6月は名古屋でいい時を過ごした。主人公のひとり中村航大君の取材のためだ。
16歳の高校1年生。がん治療の入院体験2度している。
心優しく、強い。将来のビジョンも持っている。私は、会う度に元気をもらう。
でも、航大君は、変なおじさんが来たくらいに思っているだろう。いつか、焼き鳥を食べに行ったことがあった。航大君は、好きな種類の焼き鳥や定食をきちんと決めて注文していた。
さすがだねえ。私の方は、適当に酒とまた適当に焼き鳥の盛り合わせを頼んだ。
航大君は、とにかく、しっかり者だ。がん哲学でもきちんと挨拶をして、きちんと司会、リードもする。
いつも、カメラマンと航大君の凄さを語る。
我々が16歳の時と比べると・・・比べるのも愚かかなあ。
8月にまた航大君に会いに行く。楽しみだ。もう確信している。
航大君の出るドキュメンタリーは、凄くなることを。

野澤和之

がん哲学外来映画製作委員会2018

【ドキュメンタリー映画概要】 ●劇場公開ドキュメンタリー映画90分前後      ●撮影取材開始2017年10月               ●撮影2018年1月~    ●2018秋完成  ●一般公開2018年11月 製作:がん哲学外来映画製作委員会  監修:樋野興夫  監督:野澤和之

0コメント

  • 1000 / 1000